Seattle旅行記

さて、イチロー特集は現在作成中です。
近日公開!

とりあえず、今回の小旅行について書いときます。
今回Seattleに行くのを思い立ったのは試合の2日ぐらい前。
チケットを調べてみたら、金曜だけ残っていました。
微妙な展開でしたが水曜の段階で残り1っ本!これは行くしかないと
前日の夜に決めました。
まずはチケットマスターでチケットを予約。
次の日の朝ホテルに電話して2日分予約。
フェリーは平気だろうと思って予約しませんでしたが、帰りがあと1席だったようです。
Victoria Clipperというフェリーは一日一便しか運行されておらず、しかもシアトル朝、Victoria夕方発という、Seattleの人がVictoriaに日帰りで行けるようなスケジュールになっています。
なのでこちらから行くと時間の無駄が多い。
まあ、ホテル代を考えるとSea plane(セスナ機)に乗っても一緒かも。

木曜は5時まで授業がありましたので荷物とパスポートを持っていき、そのままフェリーターミナルへ。6時発の便になんとか間に合いました。
日本人にとって海外旅行というのは何ヶ月も前から予定を立てて、飛行機の予約を取って、万全に荷造りをしてから成田に向かうイメージですが、ここではこんなに簡単に海外まで行けてしまいます。
日本人でよかったと思うのはVisa無しでいろんな国に行けることですね。フェリーの中でイギリス人のおばちゃんに中国人の友達がカナダに来てからアメリカ行きのビザを取るのに6ヶ月かかった話をされました。そして、あなたは9ヶ月いるなら大丈夫ねと言われました。いえいえ、日本人はVisaいらないですから。
あと韓国人の友達とかもみんな、アメリカ入国用のVisaは用意してから来てるみたいです。

簡単に外国に行けますが、一応入管は通ります。最近はアメリカは食べ物や飲み物の持込を禁止しているという話を友達に聞いていましたが、やはりきかれました。
審査官は日系のひとで、日本語もはなせるようでした。
空港にも日系の職員は多く、日本語も通じるみたいです。

今回は一人旅でしたが、フェリーの行き帰りでは相席になったアメリカンの人たちといろいろおはなしをしました。大統領選、ホームレス問題からスラングまで。なかなか楽しかったです。Harzファミリーと、Rudyさん、ありがとうございました。

SeattleはVictoriaからフェリーで2時間半とはいえ、やはり違う雰囲気を感じます。
まず、朝っぱらから手錠をかけられてる人を2人も見てしまいました。
夜はお店が閉まるのがVictoriaよりも早いです。やっぱり危険なのかな?
マックでセットを頼んでも、ドリンク聞かれませんでした。そういえばココの国ではおかわり自由でした。カナダは基本的にドリンクはお変わり自由じゃないのでレジで聞かれます。
あと、新聞が安い!1部たったの25c。これなら毎日買えるよ~。

そんなこんなで、2日ちょいですがかなりリフレッシュできました。
やっぱ海外旅行はいいね~。
普通陸続きだったら海外って言わないだろうけど、Victoriaは島なのでOKなのです。

メインページも見てね 役立つカナダブログ
[PR]
by guide289 | 2004-10-04 17:23 | 日記
<< インスタントパスタ イチロー最高 >>