今日のCamosun

さて、今日のカモンソンです。
今日は晴れていました。
結構沢山人が写っていますが、普段は閑散としています。
今日はOpenHouseといって学校見学の日だったので高校生が沢山
黄色いバスで乗り付けていました。
普段はあまり聞かないような学部の話しを聞いたりして、
ちょっとやってみようかと思ったりしました。
こういうのに出くわしたら、必ずどこかでクッキーとか配ってますから
探してみましょう。

さて、今日はカナディアンの友達といろいろお話しました。
彼は、前に少しフランス語ができるという話をしていました。
西海岸でフランス語ができる人はまずいません。
なので、彼のフランス語も日本人の英語ぐらいかな-と思っていましたが、
色々聞いていると、どうやら小中高とフランス語の学校だったようです。
全然少しじゃないじゃん!
彼は日本人以上に謙虚なのです。
ご存知のようにカナダの公用語は英語とフランス語です。
にもかかわらず、英語の方が圧倒的に有利なので、フランス語圏の人は
英語を話せますが、英語圏の人はフランス語を喋れません。
やはり、政府もそこらへんは気にしていて英語圏にもフランス語で授業をする学校を
作って、フランス語をできる人を育てているみたいです。
なので彼は、英語圏で育ったにもかかわらずバイリンガルなのです。

日本にもインターナショナルスクールがあって、
家では日本語、学校では英語を喋ってバイリンガルになる場合もありますが
日本人の場合、日本の学校に通わないと大きくハンデを負うことになります。
それは、漢字の学習です。
日本人が習う常用漢字は約3000字、高校や大学受験レベルになるとそれ以上の漢字を
知っていなければなりません。
実際日本の学生はこの漢字習得に膨大な時間を費やすわけですが、それを個人でやるとなるとかなり大変です。

彼の場合も同じようなハンデは無いのかな~と思い聞いてみましたが、
特に問題は無いようです。
やはり漢字圏は独特なようですね。
チャイニーズカナディアンも殆どの人は漢字読み書きできませんし。
ちゃんとしたバイリンガルな子供を育てるには親の緻密な戦が必要です。

a0020490_1682265.jpg

[PR]
by guide289 | 2005-02-25 16:13 | 日記
<< 晴れた土曜 Hotel Rwanda >>