Canada Day & Folkfest

7月1日はCanada Dayでした。
調べてみるとこの祝日は1879年から1982年にCanada Dayと名前が変わるまでは
Dominion Dayという名前の祝日だったようです。
1958年から1980年までは、首都を中心にカナダの誕生を祝っていたようですが、
1980年にはthe National Committeeによって
地方のVolunteer組織を中心としたお祝い行事と花火が行われるように
促進されました。

VictoriaではFolkestが行われ(今年は7月1日から10日)、
初日の1日夜には花火も打ち上げられました。
このFolkfestは32周年らしいので、1980年の動きより前に
誕生していたことになります。
現在もFolkfestは850人を超えるVolunteerを中心に運営されています。

僕も去年に引き続き今年もVolunteerしています。
今年はBeerGardenでのチケット売りと、Beer注ぎです。
Canadaianは日本人とはちがい、ビールの泡を嫌います。
泡が多いと、ボッタクリだと思われるので、なるべく泡を立てないように
注ぐのがコツです。
韓国でも泡は健康に悪いからと嫌われるそうです。
分厚い泡が好きなのは日本人だけなのかな?

さて、Folkfestの内容ですが、
会場は2つに別れています。
大きいほうの会場では、常に音楽が演奏されています。
また、サルサやベリーダンスなどのパフォーマンスもあります。
今年の目玉はK-OSでしょう。結構大物も来たりします。
小さいほうの会場ではミニサーカスなどもやっています。
あとは、BeerGardenでもライブをしています。
FeastStageはいろんな国の料理を紹介するクッキングショーです。

中には、多国籍な料理やアクセサリーの売店があります。
一言で言えばFolkfestはInternatinalな音楽と食の祭典ですね。

そういえば、このシーズンは観光客も多く、もちろん日本人も多いです。
このまえ、何かを探している日本人のファミリーがいたので
道案内をしました。
その方達は、Victoriaは寒いですね~と言っていました。
確かにここ数日は結構寒かったので、僕も
そうですね。と相槌を打ってみたのですが
よく自分の服装を見てみると、Tシャツ1枚と、サンダル履きでした^^
僕もすっかりカナダの気候に慣れてるようです。
さすがに真冬にTシャツ短パンのカナディアンにはまだまだかないませんが。

a0020490_9433937.jpg

Folkfestの入り口ゲートです。カナダデーは天気悪かったです。
a0020490_9453550.jpg

InnnerHarborも人がいっぱい。カナダ国旗もちらほら。
a0020490_9444699.jpg

花火は10分程度ですが、今年は近くで見たので満足。
a0020490_9461427.jpg

FeastStageでイタリアン料理を試食しました。サーモンマリネ美味かった!
司会の人はTourismのクラスでゲストスピーカーで来た、
「美食ツアー(日本語に訳すとこんなかんじ?)」の主催者の方でした。
[PR]
by guide289 | 2005-07-05 09:48 | 日記
<< K-OS War of the World >>