帰国後日記

さてさて、今回の帰国で感じたことをいくつか。
最近写真が無くってこんな文字だけの書き込みが多いような。。。
遊んできた後は疲れちゃって書き込みする気が無く
書き込みしたいときは想いふけってるときだったりするのです^^;

さて3週間の帰国生活。なかなかそれなりに充実してました。
今回やったこと。

1.家族と過ごす
2.友達と会う
3.新しい友達を作る

1.は特に新しい甥っ子の誕生と、名古屋に住むおばあちゃん訪問がメインですかね。
甥っ子は兄夫婦の次男誕生なんですが、長男がかなりムッとしていました^^;
今まで、両親、おじいちゃん、おばあちゃんの注目を一手に集めていたのに
急に強力なライバル出現でかなり危機感を持ってるようでした。
名古屋のおばあちゃんとは4~5年ぶりの再会かな。嫁を見たいといわれつつ早数年。。。
まあ、思ったよりも結構元気でした。しかし従妹達はかなり成長してましたね。前に見た記憶があるのは小学生とかかな。いまは18の高校生と20の大学生。
まあ久々と言うこともあってなかなか打ち解けづらいのもありましたが、なんだかやけに幼い気が。。。というのも、20ぐらいと言えばこっちでは僕のクラスメートだったりします。彼らはやっぱり外国で一人で頑張ってると言うこともありかなりしっかりしています。しかし従妹達は、まあ親やばあちゃんにかわいがられて、それを当然のように思ってるようでした。最初は姪っ子だと思ってて、後から従妹だと言うことに気付きました。
この子達はまだ会ってるほうかも。他にも中高生の頃から会ってない従妹達がいますが、一番上の子は27~8だとか。信じられん。ある意味見てみたいなぁ。

2.前回の反省を踏まえ、帰国前からある程度連絡を取り、会う約束をしていました。なので結構いろんな友達に会えたけど、やっぱり日本は携帯無いと辛いね。みんなパソコンのメールとか見ないし。パソコンから携帯にメールしても受信拒否されたり^^;
勝手に携帯持ってると思われて、先に移動されて45分ぐらい待たされたり。
結局携帯持ちましたよ。一時帰国の皆さん、TU-KAのプリケーお勧めです。以前使っていて機種(白ロム)を持ちこむと手数料5000円で開通、3000円のカードで額面分の通話と2ヶ月の無料受信可能です。さらにカードが切れても1年以内ならカード追加で番号復活できます。
今回はキャンペーン中でこの5000円の手数料すら無料だったのでラッキー。
会社の同期宅も訪問。会社の同期は比較的安定した生活をおくっているため、既婚、子供あり、家あり、ローンありみたいな友達が多いかな。あまり一時帰国したからといって急に遊べる感じじゃありません。うちの同期は特に優秀な人が多いので、最近は会社のお金で大学院に通ってる人もいるとか。全社で4人選ばれた中の3人が同期です。君達すごいね。まあそれだけ上の人達がイマイチな会社だったわけですが。みんなに負けてられないなぁ。
 あとは、僕がVictoriaに行くきっかけとなった、UVic出身のカナディアンと再会。彼も日本3年目ですね。僕がカナダで頑張り、彼は日本で頑張る。なかなか面白いです。最近転職したようで、いまは公立高校で働いてる様です。この学校では英語教育に力を入れていて、JETプログラムの他にも人材派遣会社を通じてネイティブ教師を確保しているようです。前の学校は子供英会話の教室だったので、初め3歳だった子が6歳になって、成長をずっと見てきただけにやめるはかなり辛かったみたいですが、そろそろ日本語を本気で勉強したいらしく、余裕のある職場に移ったようです。家も引越し、今回は自分で家探しをしたみたいですが、やっぱり外国人ということで貸してくれる大家さんは殆どいないようです。そもそも僕達の住んでいるのは千葉なので、適当に短期間悪いことをして帰ってしまう外国人も多いみたいです。「NaritaByeBye」と言う言葉もあるらしく、雇用主も大家さんも慎重なようです。2年前に始めた剣道ももう初段だとか。しかしなかなか試合では勝てないらしく、日本人は強いと。まあ、子供の頃からやってる人も多いだろうから、なかなか勝てないんでしょうね。カナダ人にホッケーで勝てないのといっしょだと彼は言っていました^^
まあ彼は継ぐべき家業があるので、なかなか親からのプレッシャーも厳しいようです。そこらへんはカナディアンらしくないのですが、Chinese系なので親の期待を無視することもできない様で、かわいそうですね。

3.さてまあ、僕も立派な社会人の道を踏み外したわけですから、そんな感じで遊ぶ友達も新しく作っていかなきゃいけないなと。英語力キープもかねて英会話サークル、英会話喫茶、インターナショナルパーティーなどに参加してみました。サークルにはやっぱり僕と同じ様に海外経験があるけどいまさらお金払って英会話に通うのも。。。みたいな人がいてたのしかったです。でも、なんか仕切り方が日本的で窮屈なところもありました。みんな自己紹介をFamilyNameでするのって変ですよね^^;しかも自己紹介が短いともっと喋れと。質問とかしながら盛り上げていくもんだとおもうのですが、完全に喋り手聞き手に分かれてるのが少しおかしい感じです。そこらへん、言葉だけじゃなくて英語圏の習慣も取り入れてかないと、日本でしか通じない英会話になってしまうぞ。でも、ちゃんと仕切ってくれる人がいるからこそこういう会も成り立つので、そこはまあ良いでしょう。
 喫茶は、雇われネイティブがテーブルに1人、日本人が6~7人って感じでした。まあ聞いてるだけの人も多くて、自分が喋っちゃえばみんうなずいて聞いてるだけですね。もちろん譲り合いましたよ。1時間単位で気軽に立ち寄れて良いかも。今回話したのは、アメリカ人の外交官を父に持つイケメン君で、日本には数ヶ月滞在するだけとか。僕は丁度NYにいく予定があって、彼もNYに3年住んでいたと言うことで色々お店とか教えてもらって、メールも教えてくれました。僕も日本に暫くいればHangOutできそうな人でした。
 最後はParty。まあある程度予想はしていましたが、その通りかな。外国人男性多数、日本人女性多数みたいな。なんかVictoriaと状況が一緒だぞ^^;まあまあ、それはそれでいいとして色々な人とお話してみました。最初に話したオーストラリア人男は明らかに女のコ狙いのようで感じ悪かったです^^アメリカ人翻訳家男はなかなか良いやつでした。まあでも話してその場限りですが。あとは日本人女とハンガリー人英語教師!?女と少し話しました。まあこういうパーティーって結構その場限りかもしれないですが、Socializeの良い練習になります。少なくとも、外国人もみんな日本に興味があるわけだし、新しい人に会いに来てる訳だから、ある程度会話も続きます。

総括として、
日本も結構楽しいね^^
英語が喋れて、楽しい想いをすることはあっても、日本人ということで不利になることは一切無く、自分の力が100%発揮できる。日本での学歴、職歴もがあっての英語力は大いにプラスとなる。ただ、生活があわただしくて厳しいことがマイナス。従うべき社会的ルールも多い。それでも僕にとってはプラスのことのほうがはるかに多い。
その点やっぱり、カナダでは外国人ということで不利なことも多く、日本語が喋れて得をすることも無い。日本での学歴、職歴も評価はイマイチ。かなりの額を投資して学校を出たところで、一般の大卒者ほどの収入を得るのはなかなか大変。でも、のんびりしていて、残業もあんまり無くて楽。ルールもあまり無く自由。でも自己主張をして積極的に生きていかないと損をする。
短期的には、英語力の向上のためにこちらでできるだけ頑張りますが、将来を考えると留学経験が活きるのは日本の方かなと今回はしみじみと思いました。それと、海外滞在期間に見合った英語力を期待されるので、3年いたとなればかなり完璧だと思われるはず。その期待に出きるだけ沿えるようにあと1年頑張ります。
[PR]
by guide289 | 2005-09-13 02:19 | 日記
<< IN NY ただいま~ >>