Memories of Geisha

Memories of Geisha を見てきました。
邦題SAYURIで日本でも公開されてると思います。
カナディアンの友達が見たいというので、あまり内容もわからないまま見てきましたが
なかなか良かったです。
以外に日本の役者さんが多くてびっくり。
なかでも、子役の大後寿々花には驚いた。
この子日系2世とかかなーと思いながら見てました。
英語はバッチリだったし、日本語もバッチリだったからね。
やっぱ、これからの俳優さん達は英語がんばって欲しいね。
結局主役級は中国の方々だったし。
是非世界に通じる大物を育ててもらいたい。
やっぱ、自然に育ったのを発掘するだけじゃ難しいかも。
BoAなんて、日本で売り出すために小さい頃から日本語を習わされていたとか。
もちろんそれが実るだけの才能を早期に見出されてたからだろうけど。
やっぱ、たまたまお父さんが海外赴任してて帰国子女で英語が喋れて、たまたま顔も良くて、たまたま演技力もあってって子はなかなかいないと思う。
まあ、俳優に限らず全ての子供達が、世界的に通用する語学力が身に付けられればもっといいんだろうけど。
まあ、そんなスーパーチャイルド達には負けてられません。

さて映画自体ですが、100%純日本ではありませんが、美しく描かれていたのでいいと思います。昔の日本のステレオタイプ的な描かれ方だと、ちょっとおもしろ可笑しく描かれていたりしましたが、今は純本物ではなくてもきれいな描かれ方をしているのでいいと思います。これが全員日本の役者、日本で撮影ってなるとやっぱ邦画の吹き替え版みたいな感じになって、新鮮味がなくなるかも。日本人が監督とかすると多分もっとメンタルな部分の描写に力が入って、美しさの描写が控えめになったりするのかなぁと思います。
まあ、万人受けする映画を作ることがいいとは思いませんが、世界的ヒット作って偉大なる万人受け映画って事ですからね。
本物よりもカッコ良さや面白さが求められるのがエンターテイメントの本質ですし。

まあSAYURI、なかなかいい映画だとおもいます。みなさんの感想も聞かせてください。
[PR]
by guide289 | 2005-12-24 16:46 | 日記
<< Merry Christmas!!! JapanNight >>