カナダ携帯事情

まあ、題名のわりに大した内容じゃないですが。
最近携帯が水没しまして、大変でした。
正確にいうとバッテリーチャージャーが水没しました^^;
一体なぜ!?WHY!?How come!? という方もいらっしゃるとは思いますが。。。
ようするに、Vancouverに持っていって、帰って来て洗濯ものにまぎれて洗濯しちゃったわけですよ。わかりやすく言うと。
チャージャーのコンセントの四角い部分がありますよね。
あそこの中が、ちゃぷちゃぷ言ってます。
さすがに買い換え時期かね~と思い携帯屋さんへ。

僕はBellを2年使っているので、きっと無料UPGradeできるよという友達の助言に従って、
聞いてみました。そうすると、なんと!定価販売っていうじゃないですかぁ。
それって本体買うのに$150とか$200とかするっつーことですよ。あほか!
そんなの他の会社に乗り換えてくださいって言ってるようなもんだよね。
まあ、いかにも商売べたのカナダの会社って感じですが。

彼らのいい分としては、
僕は”契約”してなかったからと言うこと。この契約と言うのがみそで、2年とか3年とか契約する代わりに本体が無料になったりします。そして買い替えも安くなるようです。
僕の場合は元々何年いれるかわからなかったので、最初プリペイドを使っていました。
それからMonthlyPlanに変更したので、結局年契約はしていませんということです。

そして、少し古い機種なので充電器も無いと。
ってことは、この充電が切れた携帯はメモリーを見ることもできないと言うことです。
日本だったら、アドレス帳ぐらい簡単に移してくれるのにね。
そういうサービスも無し。
そして同じ機種を使ってる友達を探して…などと言うお店の人のありがたいアドバイス。

まあそれはいいとして。。。
薦められたのが、定価で本体を買うか、新たに2年契約で本体をタダでもらうか。
すこし日本と違うのは、2年契約で本体をタダでゲットして、さらに同じ番号を使える点かな。
とはいえ、2年もいる保証は無い。
途中キャンセルは$200、誰かに名義変更する場合は手数料$25だそうだ。
名義変更する場合の受け取り手のメリットはあるのかな?と考えたところ、残り少ない契約期間で携帯が持てるぐらいか?譲渡相手を探すのに苦労しそうなので、違約金$200覚悟かな~と思ってどっちもいい選択じゃないという結論に。

そこで、Bellを離れ、別の携帯屋で、充電器だけ買うことに。
そしたら、見事にあるっていうじゃないですかー。
ステキ!と思ってすぐ購入。$30で解決!と思って帰宅して、即充電。
ぜんぜん充電しないんですけど。。。。。。。
兄ちゃん、ソケットの形だけで選んだだろ!
あほにも程がある。そんな店員を信じるのもいいかげんやめろと言うことか。

そして、今日もう一度行きましたよ。
同じ兄ちゃんがいたので、充電できんよーと。
そしたら色々その場で試してくれたけどどれもダメでした。無念。
まあ、兄ちゃん頑張ったから許してあげよう。

さーてこまったということで、最後の手段!
名付けて濡れた携帯は乾かせ!作戦。
これって、本体には確かに効きます。
夏のあっつい車の中とか1日置いておくと結構簡単に乾燥します。
その前に電源入れるとショートしたりするかもだけど。
でも、充電器って危険ですよ!
だってそのままコンセントに挿すわけだし、
下手したらショートして完全に壊れちゃうどころか
感電死もありうるし^^;

ということで、作戦は繊細かつ大胆に実行。
まずは、黒いボックス部分の穴を少し広げます。
そして振りまくる!
みずが出なくなるまで振りまくる!
それでもまだ安心はできないので、ティッシュとか細くして吸い取る!
そして最後の仕上げはドライヤ―で熱する!
とけない程度に。
そして仕上げにまた振る!
これの繰り返しで、そろそろめんどくさくなったのでよさそうなので
思いきって挿しこんでみました~
手袋してね。

一見何も無し。
そこで携帯をつないでみました~
やったー
動いたー
ステキ。
早速メモリーメモらなきゃ。

よい子のみなさんは危険なので真似しないでね。
素直に新機種を買おう!

さて、明日はPCの再セットアップしよう。
かなり調子悪いしね。
[PR]
by guide289 | 2006-01-12 19:40 | 日記
<< 小野伸二浦和復帰 Vancouverの旅 >>