英語の勉強

今回の一時帰国にあたり、荷物を整理しているのですが、
日本から持ってきた参考書が結構あります。

留学開始時に持って来たものなので、今は簡単にわかるようになってるだろうと思って
開いてみると、そうでもない。。。
口語の表現集とかは結構身に付いてました。
でも、語彙集は結構難しい。

やっぱり生活の中で自然に身に付くのは砕けた口語表現で
文語的な単語というのはやっぱり意識して身に付けていかないとダメですね。

こっちに持ってきている本は通訳ガイド、英検1級、TOEIC990点、翻訳とか関係の本なので
日常生活ではあまり見かけない単語も多いのですが
やっぱビジネスで英語を使いたければ、こう言った語彙もスマートに使いこなしたいものです。
こういう難しい本を使いながら一生懸命日本で勉強している人もいることを考えると、
海外に住んでいるという事実にあぐらをかいていてはいけないなぁと思います。

とはいえ、口語表現が見についた。何気ない会話がスムーズにできるようになった。リスニング力が大幅に伸びたというのは明らかに留学効果です。こう言うのはなかなか日本で自習してても身に付きにくいですからね。挨拶とか、スモールトークとかってどちらかと言えばスポーツみたいなもので、繰り返し使っていることで自然に口から出てくるようになる。「いただきます」「どうぞ」みたいなセットの受け答えで、特に頭は使わない。反射神経だけで喋れます^^
まあ、でも同じ受け答えだけしてたらつまらない人になっちゃうので、たまには人の会話をよく聞いて盗んだりしないとね。
[PR]
by guide289 | 2006-08-14 17:38
<< 英語がハンデになる 旅行をするかたへ >>