<   2004年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

インスタント食品他

さて、新しいカテゴリーを作ってみました。
カナダの生活ということでいろいろとりとめも無い情報をお届けします。
さて、まずはVictoriaでも手に入る日本食など紹介してみます。
サッポロ一番や出前一丁は定番です。
しかし、日本のものとは微妙にスープが違います。チキンとか、ビーフとか。味噌はそのマンマだと思うけど。
他にも中国、韓国、タイ、カナダのブランドのものが手に入りますが、やぱり日本のが一番高いかな。$1程度です。カナダのものが一番安いです。20~30セントぐらい。
写真に写ってるうどんは中国ブランドですが十分おいしかったです。
他にはソースならブルドック、おたふく。
醤油はキッコーマン。
マヨネーズはキューピー。
カレーはグリコ。
酢、みりんはミツカンのブランドが手に入ります。
チェーン店のスーパーではFairway Marketが扱っていてJapanese Groceryより安いですよ。
それよりバラエティーが欲しい方はJapanese Groceryを見てみましょう。
あまり、無理して日本食持ってこなくても結構何でも揃います。
a0020490_12204724.jpg

メインページも見てね 役立つカナダブログ
[PR]
by guide289 | 2004-09-30 12:19 | カナダの生活

ナビィの恋

今日はUVicのシネセンタで映画をみてきました。
なんでも、日本領事館主催ということで、日本の映画が2本タダ。
でも、けっこう昔の映画ですけどね。
1本目は”ナビィの恋”沖縄県にある小さな島が舞台での物語です。
お年寄りの台詞はなかなか訛りが強くて英語字幕に頼ってしまいました。。。
聞いたこと無い映画なのであまり期待してなかったのですが、これがなかなか面白かったですよ。
ナビィっておばあちゃんの名前なんですが、60年前の恋人が島に帰ってきてから、ナビィはそわそわしっぱなし。そして遂には。。。
ってな感じのストーリーです。
そして2本目は”午後の遺言状”です。
これは見ないで帰ってきたのでわかりません。
2本の映画の間に、太鼓のパフォーマンスがありました。
メンバーはほぼカナディアンだと思います。
なんかカナディアンが”ソレソレ!”とか言って掛け声かけてるのを聞いてるとちょっと恥ずかしかったですが、日本文化を紹介してくれてありがとうという感じです。

さて、今回の会場には日本友の会の人たちがきていました。
若い女の子が2人着物を着ていました。
Victoriaにもこんな組織があったんだな~とちょっと感心。

Victoriaの日本人グループは第2次大戦時非常に肩身の狭い思いをしていました。
財産を買い叩かれ、避難キャンプに追いやられ戦後しばらくも帰ることをゆるされませんでした。これはVictoriaだけではなくカナダ、アメリカの西海岸全般で行われていました。
こういった事実は小説や映画にもなっています。
Snow Falls on Dedarsという工藤夕貴が出演して話題になった映画です。
そんな困難を乗り越えて今では1000人近くの日系人がVictoriaに暮らしているようです。
[PR]
by guide289 | 2004-09-29 15:47 | 日記

毎週3連休

金曜日は学校が無いので毎週3連休です。
かといって遊びまくってるわけではないんですが。
最近力を入れてるのはListeningとReadingです。
テレビを気合入れてみることにしました。いままではなんとなく見ていたのですが
今回はしっかり番組表を購入。特定の番組を繰り返し見ることにしました。やっぱり同じ番組を見てた方が、表現の仕方も同じなので定着しやすいかなと。
あとはやっぱり、人気番組をちゃんとチェックしとかないと話題に乗り遅れるということで。まあ日本ほどみんなテレビ好きではないと思いますが、話題のネタは多い方がいいですしね。
Readingは雑誌からですね。Peopleというゴシップ誌とTIMEを図書館で借りました。
とにかく読むのが遅いってことで継続は力なりを信じて頑張ります。
さて、昨日はRoyal Roads Universityへ行ってきました。
なぜかって、それは単に観光です^^
前から一度行ってみたかったんです。でも山奥で、平日じゃないと#39の直通バスも出てないので今までなかなか行けませんでした。
野生の孔雀がいっぱいいるって聞いてたので期待して行きました。
やっぱりいましたね。でも3羽見たのですがみんなメスでした。あの羽をひらいてワーってやるのはオスだと思うのですが、オスは見かけませんでした。
ちなみにBeacon Hill Parkにも飼われた孔雀ならいます。
あと、楽しみにしていたのがX-MEN2の撮影に使われたというお城です。
写真がそうです。見覚えありますか?
この大学は変っていて3,4年の課程しかありません。社会人入学の制度もあるので年齢も高めです。全体的にこじんまりした落ち着いた雰囲気の大学です。
敷地は広いのですがあんまり建物はありませんでした。
でも、海も見えて、Japanese GardenやRose Gardenもあるので観光客っぽい人もちらほらみかけました。
a0020490_1615459.jpg

ランキングに参加しました!
カナダ留学ブログランキング
[PR]
by guide289 | 2004-09-26 16:13 | 日記

普通の金曜日

今日はいろいろ仕事をこなしました。
まずは銀行に行って、student accountの継続の意思表示、住所変更、Visa延長料$125の支払い、通帳をgetしました。
そのあと、モールの中で大切なstudent permit aplication用の書類を広げて仕上げました。もう2回目なのでなれたもの。カモンソンで仕上げたら見せるように言われたけど、時間の無駄なので早速郵便局へ。もうすでに1ヶ月を切っているのでexpress mailで送りました。Uvicではコースを取った分のacceptance letterしかもらえませんが(それが普通なんですが)camonsunではなんと1年分のacceptance letterがもらえます。まえにカモンソンは昔はVisa取得のために悪用ができたと聞いていましたが、今でもできそうな感じです。
事務処理を済ませたので久々にUVicへ行きました。
自習したかったのと、コンピューターのファイルをバックアップしたかったので。早速コンピュータールームのカウンターでCD-Rを買って($1)ログインしましたが、時すでに遅し。。。
自分のホルダーがすでに削除されていました。新しいセメスターが始まると古い学生のアカウントは使えなくなるといわれていましたが、冬から春にかけては結構長く使えていました。
今回は9月の新学期で新入生も多いので、一気に整理されたんだと思います。
まあ、消されて困るファイルはあんまり無かったのでのんびりしてたのですが。。。
ともかく、保存ファイルはなくなったけど、まだログインはできたのでしばらくコンピューターは使えそうです。まあ、カモンソンでも使えますが。
図書館は今日は6時クローズだったので帰ろうとしたらルームメイトのケンに遭遇。ケンは韓国人でMBAを取っています。そんな彼は料理がまったくダメで毎日インスタントラーメンを食べているのですが、彼が今日は晩ご飯の作り方を教えてくれというので一緒に作ることにしました。
スーパーの近くで達也にもあったので3人で料理することに。
ケンはどれぐらい料理ができないかというと電気炊飯器がつかえないぐらいです。ひとまず簡単なので達也に任せました。
しかし炊き上がったご飯には芯がありました。。。頼むよ。。。
まあ初心者の献立で保存の効くカレーにしてみたのですが、ケンには複雑すぎるといって途中でギブアップ。MBAより簡単だと思うんだけど。
まあ、ケンは炊飯器が使えただけで満足してました。
きっと明日から彼の献立はラーメンライスになるでしょう。
そして、9時過ぎてから映画に行きました。
Sky captain& the world of Tomorrowという映画です。
かなり変わった映画でした。ほとんどがCGのアニメと実写を融合したようなファンタジー映画です。
ただ時代設定的には第2次大戦時ぐらいの不思議な映画です。
賛否両論有るとは思いますが俳優もよかったので結構楽しめました。
[PR]
by guide289 | 2004-09-18 18:11 | 日記

さてと

久々の更新です。9月からはCamosun collegeに移りました。
ここでは072と074というcollege preparationのコースを取っています。
いまのところ宿題もあまり無く難しい感じはあまりしません。
ただ、同じクラスにはこちらで高校を卒業してるとても良くしゃべれる留学生が何人もいるので、このクラスが自分のレベルより低いのかはわかりません。
ただ一つ言える事は、授業料ボッタクリということでしょうか^^
火曜は1コマ、金曜は休みです。
それでもって破格の約$5000!しかも、これってUniversity transferの人と一緒の値段です。University Transfer取ってる人は他の科目も取ってるのでreasonableな値段かも知れませんが、英語だけの人には高すぎです。
しかし、これを取らなきゃ目的のtourismも取れないので仕方ないんですが、そういった消費者心理を逆手に取った商法のような気もします。
とにかく、もっと大変だと思っていたので、自分の時間が持てることは嬉しいです。
自分で日本復帰に向けてやらなきゃいけない勉強もたくさんあるので、それに時間を割こうと思います。
あとは、家も引越しました。
そうです、何気に忙しかったんです。
今度の家はGordonheadというところにある、豪邸です。
ここら辺は中国系のお金持ち移民が多いそうです。しかしうちのオーナーはイタリアンで結構いい人です。
家賃は$395でインターネット付き。トイレットペーパーは自己負担ですがその他の消耗品はオーナーが買ってくれます。洗剤とか。
オーナーは自分の家の中の4部屋を学生に貸しています。地下にキッチンと2人に1つのバスルームと冷蔵庫。結構素敵です。
場所はかなり田舎ですがバス停からは1分ですのでさほど不自由ではありません。
たまに鹿やリスが見れたり、歩いて海に出れたりといいことのほうが多いですね。
なので先週は初の週末でしたが思い切り家でくつろいでしまいました。
写真は家の近くの海岸です。
a0020490_15334545.jpg

[PR]
by guide289 | 2004-09-15 15:32 | 日記